読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呉美保『そこのみにて光輝く』

そこのみにて光輝く 通常版DVD

そこのみにて光輝く 通常版DVD

 

以前「愛の渦」を映画館で観た時に予告が流れてて少し気になってた。日本映画は苦手なのでサボっていたんだけど、どこかのブログが集計したベスト映画の上位に入っていてて「どれほどのものかな!」と思ってみたら見事に撃沈。全然良くなかった。

そもそも自分は日本映画における濡れ場=セックスシーンの描写が本当に苦手。「私の男」も「愛の渦」も、そして今作もそこが駄目だった。セックスを「救われこと」の表現として描いていることに嫌悪感がある。例えばお互いが本当に好きになって、キスして、そして行為に移るまではいい。でもセックスの行為そのものを長々と描写することの必然性が伝わってこなかった。池脇千鶴は綺麗だったけど、このセックス映像、別に途中でフェードアウトで良くない?くらいの気持ち。

映画自体は超がつくほど不幸だらけの人たちの物語。ただ綾野剛池脇千鶴も誠実だったのが救い。でも物語も映画も全然好きじゃない、と言う意味で向いてなかった。