読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/21 BUGY CRAXONE @ mole

ライブ

相変わらずブージーを追いかけてる。この日はmoleでのイベント「ザンギなき戦い」での来札ということなのだけど、その前に14時頃に札幌の地下歩行空間でのライジングサンのチケット発売イベントでゆきこさんが一人で登場。弾き語り2曲とNorth Waveのラジオの方とのトーク。北海道でのソロの弾き語りはかなり久しぶりだと思う。イベントでのバンドのアコースティック編成以上にレアかも。

演奏曲は「いみがないから きこえない」と「FAST」の2曲。その後は公開録音インタビューだったけど、司会の方がとても優秀だった。ブージーを知らない人に丁寧に説明しながら、同時にファンにとってもマニアックな質問まで。プロだなあ。

 

夜はmoleでのイベント。

少し遅めに行ったので観れたのはブージー、BAZRA、シャク&リハビリーズ。あまり関係ない話だけど、moleのPAの方が変わったのかわからないけど、久しぶりに来たらすごくいい音でびっくり。あまりにいいからPAばかりを見ていたんだけど、本当に細かく調整していたし、各バンドごとに最低一度は前のスペースまでに行って確認していた。すごく優秀。びっくり!

そして念願のブージー。まさか一曲目から新曲(あとで「ポテトサラダ・マカロニ・フィーバー」だと判明)。それがすごくよかった。ここ数年のブージーの特徴であるインディー・フォーク的なサウンドを、きちんとブージーなりの言葉に落とし込みつつ、多幸感がサビで爆発。その辺がパンクっぽい。そして「なんとなく Be happy」に突入。もうこの時点で死んでもいいくらい幸せ!

久しぶりの「NY」はアレンジがかっこよくなっていてびっくり。これ再録して欲しい。新曲「ベリナイス」はなんか新鮮な感じだった。この時のブージーはツアーを回っている最中だけあってみんなが最高だった。

楽しい時間はすぐに過ぎていく。ラストはまさかの「枯れた花」!!この曲が聴ける日が来るなんて、そんなしめやかな雰囲気は正直あまりなかったけど、でもきっと伝わっていたと思う。

真っ白な雪の下
何かがあるように思えて
飛び降りた

ポップコーンは弾けた
片付けられないまま
散らばったまま

(中略)

枯れた花 雪の日
春の風を ひたむきに待っていた

僕がブージーを好きになったのは2012年の『Joyful Joyful』以降。だから「枯れた花」の頃のブージーのことを知っているわけではないし、2012年以降かなり印象が変わったと思う。でもこうやって見ると、わりと変わってないというか、むしろ過去の彼らがこういう風景を見て、こういう歌を歌ってきたからこそ、今僕はブージーの音楽が心から楽しめるのだと思ったり。次はライジングサン。楽しみ。

6/21 BUGY CRAXONE @ mole

1. ポテトサラダ・マカロニ・フィーバー
2. なんとなく Be happy
3. NY
4. Aha
5. WATCH YOUR STEP
6. ベリナイス
7. 枯れた花

あと会場限定販売のCD『DOKI-DOKI』もしっかり入手。

f:id:pitti2210:20150706220925j:plain

BAZRAの曲を聴くのは本当に久しぶりだけど、昔の印象と変わらなすぎて笑った。ライブはすごくよかった。鍵盤の方が入っていた曲が本当にすばらしかった。そっちを入れて欲しかったほど。