読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J・J・エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

http://screenrant.com/wp-content/uploads/Star-Wars-7-Force-Awakens-Teedo-Luggabeast.jpg

率直に書くと、普通におもしろかった。観ている最中は本当に楽しかったし、おそらく高校生の頃に観たであろう過去6作と同じくらいおもしろかったと思う。というのも自分はシリーズの熱狂的なファンではないので、他の作品と比べてどうとか言いようが無い。ただ、楽しかった印象はあって、今回の『フォースの覚醒』も以前の6作同様現実を忘れるくらい楽しかった。

ただ、今年観た映画の中で一番おもしろかったか?と言われるとそれはないし、好き嫌いで言うとどっちつかず。だからJ・J・エイブラムスが過去に手がけた「スター・トレック」に近いと思った。観ている最中はひたすら楽しいけれど何も残らない。でもそれが良いことなのか悪いことなのかが今ひとつ判断がつかない。映画館に行って楽しいだけの体験をする。一体それの何が悪いのだろう?

 

以下、多少ネタバレあり。

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/78626/gallery/sw_tfa_main_large.jpg?1445397551

細かい部分を見ていこう。まずは新主人公ことレイ。いきなり本筋から外れてしまうが、名前がレイなのである。何が言いたいのかというと、これは綾波レイから取ったのではないか!というのがあながち冗談に思えないほど「エヴァ新劇」に近いものを感じた。全体的にも「序」に近かった。もちろん性格は別なのだが、例えば彼女の横にいるフィン、あれはまさにシンジといえるのではないか!フィンはストーム・トルーパーの一員として帝国軍にいたが虐殺に耐えかねて脱走した。そんな時にレイと出会う。フィンのどうしようもなく情けないところが「エヴァ」のシンジ、さらには「ドラえもん」ののび太を彷彿させ、映画が終わる頃には心から愛おしいと思えてしまうのである。

肝心のレイもとても魅力的だった。砂漠で廃品を漁る様はまさに『風の谷』のナウシカだった(さっきは綾波レイと書いたけど)。そしてBB-8の可愛さときたら……、これはもう劇場で見てもらうしか。 

 

以下、そこそこのネタバレあり。

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/78626/gallery/sw_tfa_sub_03_4_large.jpg?1445397779

そして旧三部作の主要キャラクターの帰還!レイが主人公なのは言われているとおりだが、クレジット上ではハリソン・フォードがトップということで、それはもう見応えある場面が山のように用意されていた。まさにハン・ソロ主役状態。同様にレイラも歳を重ねていたのだが、それがあまりに自然なことにに涙が流れる。チューバッカC3POR2-D2、懐かしい顔が揃えることで、いよいよスター・ウォーズがはじまったという思いが湧いてくる。

あと、多分再登場だろなー的なキャラが数組(4組くらい)出てきたけど、まったく覚えていないので旧作を見直すのが今から楽しみ。

 

以下、かなりのネタバレあり。

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/78626/gallery/sw_tfa_sub_03_3_large.jpg?1445397779

そしてカイロ・レン。特別書く必要も感じないので伏せるが、悪役なのにどこか愛らしいキャラクターだった。そういう意味において、ダースベイダーに近いものを感じる。キャラ的にはダースベーダーに憧れる悪役ではあるのだけど、悪であっても絶対的でないところがどこか80年代っぽかった。

そんな彼がハン・ソロと対峙し、ライトセイバーを刺し、奈落の底へ突き落としてしまう場面が目玉なのだが、そこが本当にびっくりするくらいさっぱりしていた。現実感がなさすぎて逆に印象的だったほど。正直、ハン・ソロの死には実感がなかったし、エピソード9くらいで復活するんじゃないかな。

また、今回大活躍だったハン・ソロとは対極的に、おそらく次章エピソード8ではルークが登場すると思われるのだが(実際、最後に出たし)、このルークの存在感の薄さも本当に80年代的というか、例えばクリストファー・ノーランだったらもっと溜めたと思う。逆に言うとJJの演出は00年代以降の娯楽映画の流れに徹底的に抗おうとする意志さえ感じる。考えてみたら次作のライアン・ジョンソンは未知数だけど、エピソード9のコリン・トレボロウもそういう監督であるわけで。ただ、JJは引きは異常に上手で、エピソード7を観てて思ったのは、早く次が観たい!ということ。2年も待てるか!

 

あと細かいところで言うと、帝国軍がいまだにナチスとか北朝鮮のような独裁国家を想定していたのが古いと思う。ここはIS的なものを出してくると思っていたけど、もしかしたらカイロ・レンが化ける可能性はあるけどそこは期待薄。 

 

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/78626/gallery/sw_tfa_sub_04_1_large.jpg?1445397779

というわけでまあ、JJの演出がサラッとしすぎて特に記憶に残らないという問題以外、若干のフォーマットの古さを感じつつも、基本的には楽しめた。超楽しかったというより、さっさと次を見せろよ!という感じ。ノーランも『ダークナイト』で化ける前に『バットマン・ビギンズ』があったわけだし、次作の監督ライアン・ジョンソンはどんどん作家性を出して欲しいところ。まあ少数派の意見だと思うが。とにかく今はBB-8のフィギュアが欲しいぞ!