読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015 BEST SONG

たにみやんさんのブログを読んでたらベストソングもいい気がしてやってみることにした。ルールは「2015年にリリースされた曲」「YouTubeで視聴できる(公式)」での2つ。そのルールのおかげで除外することになった曲が山ほどあるというか、むしろ最近MVをみんな作らなくなったように思えたり。世知辛い話になりそうなので黙ってやります。

 

10. My Little Lover「ターミナル」 

小林武史が「究極のポップアルバムを作る」という目的を果たす上で選んだアーティストがYen Town BandでもSalyuでもなくMY LITTLE LOVERだったという事実に驚かされた。でもそれ以上に『evergreen』の1年後に出てもおかしくないような『re:evergreen』を2015年にリリースすることには本当に度肝を抜かれた。

 

9. Sam Smith『Writing's On The Wall』

今年唯一ベストソングに入れた海外アーティスト。洋楽を聴いてないわけではないけど(比率的に1/3以上は聴いてる)、考えてみたらMVはほとんど見てない。だからどの曲がシングルカットされてるのか知らないし、そのせいで余計に聴いていないのかもしれない。Sam Smithの曲を入れたのは『007』のテーマ曲だったから。アレンジがゴージャスで、結果的にSam Smithの音楽そのものがより普遍的になった。

 

8. 星野源「SUN」

相変わらず年末の音楽特番を見漁っているけど、星野源は毎回すごく良い。浮雲、伊賀航、河村カースケ、石橋英子といったほぼ現代最高の布陣を引き連れ、途中からダンサーが登場するステージは本当に華やか。地力って大事だって毎回思う。

 

7. 坂本慎太郎 feat. Fuko Nakamura「悲しみのない世界 (You Ishihara Mix)」

本当は「幽霊の気分で - Cornelius Mix」を入れたかったけど、こっちもすごく好きなので。坂本慎太郎の声は全然嫌いではないけど、Fuko Nakamuraの声だとその10倍くらい好きになる不思議。

 

6. きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」

きゃりーちゃん、紅白には出れなかったけど、妙な卒業宣言とかやらかさなくて本当によかった。むしろ毎年出るか出ないかわからない緊張感があったほうが絶対に良くて、そういう意味で今のきゃりーちゃんの自由な感じはいいと思う。『問題のあるレストラン』はそんなに好きではなかったけど、この曲には毎回救われていた。

 

5. 西野カナ「No.1」

タイアップって本当に大事なんだなーってこのランキングを見ると痛感する。我ながら西野カナのことが気になる日が来るとは思いもしなかった。でも実は最近は気になっていた曲が多くて、来るべき時が来たように思えたり。

 

4. Base Ball Bear「不思議な夜」

ギターロックといってもいろいろあって、いわゆる4つ打ち高速ギターロックには本当に興味がなくて、そのせいでBase Ball Bearとは縁がなかった。でも今作では気持ち良いBPMで大人な横ノリのBase Ball Bearを体感できる。こんなギターロックもあったんだ。ある意味、ロキノン系の一つの最高到達点だと思う。

 

3. SEKAI NO OWARI「SOS」

Saoriの強迫症的なピアノが本当に素敵。癒やしというか、許しが全面に出ている曲だと思うけど、Saoriだけは「殺すぞ」みたいな雰囲気が出ててヒヤヒヤする。でもそういうところがセカオワがロックバンドであることに証明であるように思えたり。

 

2. 水曜日のカンパネラ「マッチ売りの少女」

エロい、というより愛おしくなる。それにしても、周回遅れもいいところだけど、今年ほどコムアイの凄さを見せつけられた年はなかった。いや水曜日のカンパネラは3人とも本当に凄いけど、パフォーマーとしてのコムアイの反射神経は怖くなるほど鋭い。BRAHMANZAZEN BOYSとコラボしても問題なく乗りこなすような気がする。

 

1.サザンオールスターズアロエ

やっぱりベテランがこういう真っ当に新境地を開拓してくれることに胸が熱くなるよね。世間的にど真ん中にいるにもかかわらず、エロさも忘れず、おまけにハシシをやる素振りを見せつ始末。やりすぎない、でもスリリングなことをさせたらこの人ほど上手な人はいないと思う。あと実はこの曲のギターを弾いてる斎藤誠Daft Punkの『Random Access Memories』で弾いてたナイル・ロジャースを意識してるとのこと。ハイパーディスコ的な曲とのこと。

 

 というわけで10曲挙げた。どれだけJ-POPを愛してるんだ俺…。インディー系やブラックミュージックもあまり入らず。自分の場合、ブラックミュージックはソウルやディスコよりのものは好きだけど、R&Bやヒップホップ寄りのものは基本的に苦手なのだと思う。今年はいい年だった。Apple Musicを使い始めたけど、本当に気になる曲はCDで買ってるのは以前と変わらない。以下は選外。大抵はMVがないからだけど。

  • BUGY CRAXONE「たいにーたいにー」
  • Mr.Children「fantasy」
  • 高橋徹也「夜明けのフリーウェイ」
  • L'Arc-en-Ciel「Wings Flap」
  • PIZZICATO ONE「私が死んでも」
  • きのこ帝国「桜が咲く前に」
  • Alabama Shakes「GIMME YOUR LOVE」
  • ONE OK ROCK「Cry out」
  • クラムボン「yet」
  • ikkubaru「Love Me Again」

次はベストアルバムやります!