読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだなんとか覚えていること

また恐ろしいほどの時の早さで9月が終わろうとしていて、その間に何があったのかすでに忘却の彼方というか、まるっきり覚えていない。それなのに書く能力はどんどん衰えるばかりで、生きることの理不尽さを痛感する。まあさっさとブログ書けよ!誰が読んでるわけじゃないけど俺のために書けよ!という話なので、今は少し余裕があるので書くわけで。

 

秋本治こちら葛飾区亀有公園前派出所
週刊少年ジャンプ 2016年10月3日号 42号

週刊少年ジャンプ 2016年10月3日号 42号

 

本当に終わってしまった。まさか東京オリンピックより先にこち亀が終わるなんて、まさか「トリコ」や「銀魂」より先にこち亀が終わるなんて、夢にも思わなかった。単行本を買っている熱心なファンは予想していたらしいのだが、150巻あたりでやめてしまった不信者が気づくはずもなく(その上売り払った)、いまさら秋本先生のありがたさに気づく始末。

とはいえ連載を40周年も続け、おまけに現時点で4本の読切と来年の新連載を控えていることを考えると、前向きな連載終了だったことは明白でそこは安心したというか、秋本先生=両さん説をさらに裏付けるものになったのではないか。

ドラえもんクレヨンしんちゃんの道を辿ることもできただろうし、そうなるとばかり思っていたし、個人的にその希望はまだ捨てていないけど、秋本先生がその腹を括る前の最後の挑戦に出ようとしていることを考えると、これはもう見守る他にない。

それにしても両さんにどれだけ救われてきたのか、失って初めて分かる親と両さんのありがたさ。もちろんコミックスを開けばいつでも会える。でもジャンプを開いて会えないのはやっぱり寂しい。寂しいよ、両さん。でも俺も頑張るからさ。

 

MUSIC STATION ウルトラFES

f:id:pitti2210:20160928142550p:plain

もう10日近く経ってしまったけど、今年もウルトラFESを観た。録画はしてあるけど、実際に当日時間があるときにテレビを付けていた感じで、良かったのはPUFFY平井堅、尾崎裕哉、松本孝弘福山雅治あたりで、個人的なベストアクトは三代目J SOUL BROTHERS。単純にJ-POPの最新型として一番の熱量を誇っていて、twitterのタイムラインではイエモンが話題になっていたけど、相手にならないよなーっていうのが個人的な感想。

もちろん番組を観ていた本当の目的は宇多田ヒカル(と浜崎あゆみ)だったわけだけど、タモリとの会談はともかく、歌自体は相変わらずの完成度の低さ。「桜流し」ををカラオケで歌い切る姿勢は流石と言うか、ストリングスを呼んだところで「ストリングスがそこにいる」以上の意味が無いことを考えると圧倒的に正しいのだが、それでも録画放送とはいえ生放送以上に緊張した姿を公共の電波に流すのは本当に偉かった。彼女はきっと恥をかきに来たのだと思う。そしてそれに成功した。すばらしかった。

浜崎あゆみは自分のTLで最も賛否が分かれていた。個人的には良くなかったし、相変わらず暴走しているように見えたけど、まあそれが平常運転のような気もする。

個人的にはサカナクションONE OK ROCK、あと叶うならアジカンRADWIMPSceroも出て欲しい。Mステを観ているとJ-POPとは相変わらずテレビの枠組みなのだと痛感する。そしてテレビにそれを更新する体力はもう残されていないことも。

 

また3000字のコラムを書きました。そのうち載ります。よかったら読んでやってください。