読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2003 BEST ALBUM

20. 一青窈月天心

http://a2.mzstatic.com/us/r20/Music/9b/84/76/mzi.bnbwdmdl.1200x1200-75.jpg

 

19. ROUND TABLE featuring Nino『April』

http://p.twpl.jp/show/large/4C93Z

 

18. YUKI『commune』

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Zzdc-cr9L.jpg

 

17. Ann Sally『Moon Dance』

http://www.carlosnoboro.com/storage/cd-covers/cover1796%20copy.jpg?__SQUARESPACE_CACHEVERSION=1297716500510

 

16. 忌野清志郎『KING』

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51JSclK1HpL.jpg

 

15. 曽我部恵一『瞬間と永遠』

http://a4.mzstatic.com/us/r2000/018/Music/y2005/m06/d24/h10/s07.xmfqbgea.1200x1200-75.jpg

 

14. サンボマスター『新しき日本語ロックの道と光』

http://dist.joshinweb.jp/cdshop/img/jacket/org/SRCL/SRCL-5632.jpg

 

13. 小沢健二『刹那』

http://livedoor.blogimg.jp/hitoomi1080/imgs/1/d/1d7ca783.jpg

 

12. thee michelle gun elephant『SABRINA HEAVEN』

http://a3.mzstatic.com/us/r2000/002/Music/y2005/m06/d23/h18/s07.czsqnphp.1200x1200-75.jpg

 

11. 鈴木慶一MOTHER 1+2 オリジナル サウンドトラック』

http://earthboundcentral.com/wp-content/uploads/2011/04/big-mother-1-2-ost.jpg

 

10. FreeTEMPO『The World Is Echoed』

http://a4.mzstatic.com/us/r2000/002/Features/e2/bc/ca/dj.gmaapxmz.1200x1200-75.jpg

 

9. SONS OF ALL PUSSYS『Grace』

http://p.twpl.jp/show/large/xdWM7

 

8. ゴンチチgontiti 25th Anniversary CD』

http://img.hmv.co.jp/image/jacket/400/19/3/7/301.jpg

 

7. Michelle Branch『Hotel Paper』

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51cdY0OkV%2BL.jpg

 

6. 矢野顕子『ピヤノアキコ。』 

https://undecuplet.files.wordpress.com/2010/05/e38394e383a4e3838ee382a2e382ade382b3.jpg

 

5. 中島美嘉『LØVE』

http://ecx.images-amazon.com/images/I/511CNj5KTgL.jpg

 

4. Mondo Grosso『Next Wave』

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61jM2ZzqctL._SX522_.jpg

 

3. Hyde『666』 

http://i844.photobucket.com/albums/ab5/jrock-lyrics/HYDE/KSCL-666.jpg

 

2. Radiohead『Hail to the Thief』

http://love.ap.teacup.com/iikamone/img/1311433144.jpg

 

1. 椎名林檎加爾基 精液 栗ノ花

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51YqMX6Qm%2BL.jpg

 

多分この年はほとんど音楽を聴いていなくて、リアルタイムで聴いたのは上位3作くらい。背伸びして聴いたおかげでレディオヘッドを知ることができた。そこあたりからリスナーとしての音楽遍歴がおかしいことになるのだけど、それは別の話。このランキングに偏りがあるのは確かだけど、それにしてもこの終わってしまった感はなんだろう。90年代、2000年、2001年の狂騒が嘘みたいに静まっている。椎名林檎が終わることを望み、ラルクはすでに活動を止めていた。ビジュアル系ブーム、R&Bブームの影の形もない。敢えて言うならハウスシーンの賑わいがピークにあるといえる程度だろうか。その向こうでロキノン系と呼ばれる界隈が静かに、でも確かに熱を帯び始めているのだが、それが確かな形になるのはまだ先の話。